病気と行くべき病院 腰痛

腰痛

腰痛があると本当に辛いものです。座っても寝ても痛い場合は歩くことも出来ないでしょうから、やはり病院へ行ったほうがいいのですが、腰痛で他の病気がわかる場合もあるということはご存知でしょうか。例えば腎盂炎。膀胱から細菌が入り込んで腎臓まで上がってしまった場合などに腎盂炎になりますが、それが判るのは高熱が出たり腰痛になるからです。

腎臓がある位置の腰を後からたたかれるととても響く場合、すみやかに泌尿器科を受診しましょう。腎盂炎は放置しておくと身体に毒素がまわってしまうことになり、入院が必要になります。特に熱もなく、他に何か症状があるわけではない場合はぎっくり腰かもしれません。そんな時は整体鍼灸院や整骨院へいって、炎症を冷やしてもらいましょう。

ぎっくり腰もれっきとした病気ですし、何度も繰り返すことが多いのです。普段から姿勢には気をつけることが大変重要になります。炎症が治まってから針や電気などで血行をよくしてもらうようにしましょう。