病気と行くべき病院 帯状疱疹

帯状疱疹という病気は、体の左右のどちらかに赤い発疹が見られ、帯状に集まりができます。痛みやかゆみが出る場合が多く、病状が進んでいくと水ぶくれのような状態になるのです。正しく治療を行なっておけば、およそ三週間程度で治ります。ただし、その間に接した人が免疫力の低下を招いている場合、帯状疱疹が感染る可能性があるので気をつけましょう。

一番良いのは体の一部に発疹を見つけたのであれば、病院に行くことです。帯状疱疹という病気だと認められれば、病院によっては大部屋から個室に移して入院するといったケースになります。早期の場合であれば、抗ウイルス薬を内服する場合が通常なのですが、重症だと診断されると抗ウイルス薬の点滴を行ないます。

痛みが激しい時や麻痺があるといった状態だと、副腎皮質ステロイド薬を投与することになります。さらに悪化して膿疱や腫瘍ができてしまうと抗ウイルス薬が効かなくなるため、できるだけ早い段階で治療を開始しておくのが良いです。

帯状疱疹