病気と行くべき病院 腎臓病

腎臓は余分な水分を体外に排出して体内の水分量を一定に保つという機能を負っているほか、造血ホルモンを分泌することで貧血にならないように調整する機能も担うなど、生命活動維持に不可欠な機能を果たしています。腎臓があるのはちょうど背中あたりですが、病気を発症しても初期には特徴的な症状が無いのが特徴です。

腎臓機能の低下をきたす原因として最も重要なのは、糖尿病による慢性腎不全ですが発見時には、人工透析が必要な末期段階で判明することも稀ではありません。失われた腎機能は回復することはないので、腎臓病は病院で早期発見し早い段階で治療開始することが特に求められます。そこで腎臓の病気に備えるためのサインを確認しておきましょう。

腎機能障害は早期では血液検査や尿検査で、たんぱく尿や貧血が発見されることがきっかけで発見されることが多いようです。異常が指摘されたら精密検査は怠らないようにしましょう。腎臓病が進行すると夜間の頻尿や、全身のむくみ、腎臓がある背中の痛みなどの症状が現れてきます。むくみは特に警戒すべき症状です。放置すると心臓機能に障害が出てきます。心当たりのある方は速やかに病院に受診するようにしてください。

腎臓病