病気と行くべき病院 片頭痛

片頭痛

身体に感じられる症状や病気はさまざまなものがありますから、どの診療科がある病院へ行って良いかわからない方がいらっしゃることでしょう。例えば、片頭痛という病気の場合に悩まれる方がみられますが、現在では日本頭痛学会というところがあって、こちらの学会に所属している頭痛専門医という医師が診療を行っている病院がありますので、お探しの方は頭痛専門医がいるかどうかを確認されて足を運ばれてはいかがでしょう。

このような頭痛専門医が診療を行っている科には神経内科があり、頭痛専門外来を設けているところがあります。特に片頭痛でお困りの方は、頭痛専門医が診療を行っている神経内科、頭痛専門外来などを訪れて、診察を受けられることをおすすめしたいものです。

片頭痛という病気の場合には、どの病院の科を受診したら良いか悩まれる方が少なくないといいますので、頭痛専門医がいるかどうかを確認されて、神経内科や頭痛専門外来を受診されてはいかがでしょう。

病気と行くべき病院 パニック障害

パニック障害

芸能人がなって闘病しているとカミングアウトすることで話題になることが多いパニック障害ですが、一昔前は精神病の一種であると考えられていました。しかし現在では研究がすすみ、精神病であるというよりは脳の機能障害であると考えるむきがあるようです。とにかくパニック障害を発症している人には抗鬱剤がよく効果を発揮するので、かかるべき病院は心療内科や精神科であるということは今でも変わりません。

病気としては不安障害の一種です。脳にセニトロンという物質がうまく排出されないために強烈な不安や恐怖を感じてしまい、酷くなると外出もままならなくなり社会生活に影響が出ます。

しかしこの病気は早期に治療を開始することで必ず治る病気であるとされているので、これといったものがないのにえらく不安に感じたり、外出時に恐怖を感じたり、眩暈や吐き気、のどの異物感や不眠などの症状がある場合は、出来るだけ早く心療内科にかかるようにしましょう。